もりゆかチャンネルはこちら
自己紹介

【第二章】社会人編

 

もりゆか
もりゆか
第二章ご訪問ありがとうございます!!

 

ロフトマン
ロフトマン
ほんま物好きやつやでー

 

もりゆか
もりゆか
さ~~~~~~~始まるよっっ!!!BGMスタート!!!

 

社会人に突入!!

 

18歳の春。

私もついに社会人の仲間入り。

 

初めての会社

初めてのスーツ

初めての同期

初めての仕事

初めてのお給料

そして

初めての一人暮らし生活が始まりました。

 

 

 

引っ越しを終え、帰っていく両親。

 

 

ギーーーーーバタン

 

 

ドアが閉まった瞬間

『あー、ホントに今日から一人なんやな~。』

ってちょっぴり心細くなった私。

 

 

すぐにリモコンをぴっ。

テレビから聞こえる人の声を聴きながら

その日の夜は母親が置いていった食料をもぐもぐして

いつもと違う使い勝手にとまどいながらも

お風呂に入りお布団に入った私。

 

 

その日の夜は

明日からの新しい暮らしと新しい職場。

色んな感情がぐるぐるしていたのと、

実家では聞こえてこなかった冷蔵庫の電子音に

なかなか寝付くことができませんでした。

 

ロフトマン
ロフトマン
ホームシックってやつやな!

 

もりゆか
もりゆか
一瞬ね!一瞬w

 

 

 

その後

慣れない仕事と怖い店長。

夜遅くに帰宅、早朝出勤。

ストレスと過労で私の体重は一気に6kg減り、

1年とたたずに最初の職場をやめてしまうのでした。

 

ロフトマン
ロフトマン
な!!はやいわっっっ!!!笑

 

もりゆか
もりゆか
めっちゃ怖い女店長にどうしても耐えれない根性なしだったの。

 

18歳~20歳

彼の趣味だから取得した〇〇免許

仕事を辞め

次の仕事が見つかるまではと

バイト生活をしていたある日。

 

当時付き合ってた彼が「気分転換にバイクに乗ってみる?」と言ってくれ

海まで連れ出してくれました。

 

バイクという乗り物に今まで触れたことがなかった私は感動してしまい

当時、やりたいことも趣味もなかったので

『彼と同じ趣味ができるわー♩』くらいな気持ちで貯金をはたき

すぐにバイクの免許を取得しに行きました。

 

ロフトマン
ロフトマン
思いついたらすぐ行動するタイプやったんやな

 

もりゆか
もりゆか
ヘルメットを脱いだ時に長い髪をバッサ~ってするのがやりたかったんよねww

 

 

その後

シャドウスラッシャーっていう

アメリカンタイプのバイク(400㏄)を買い、

友達と寒空の下ブイブイ走らせておりました。

注:暴走行為などの迷惑行為はビビりのため一切やっておりませんw

 

ロフトマン
ロフトマン
ブイブイてw 死語ちゃう?

 

もりゆか
もりゆか
 若かりし思い出だよ・・。(遠い目)

 

アイスピック&盗難未遂事件勃発

20歳のある日。

事件は起きました。

 

 

 

買い物にでている時に

一緒のマンションに住んでたブイブイ友達から一本の電話が。

 

 

 

友達T
友達T
あんたの車パンクしとるっぽいでーー!

 

同じマンションに住んでた友達は

車の前を通るとき私の車のへしゃげたタイヤを見てすぐに電話をくれたようでした。

 

 

家に帰ると

車高をさげ、白いふわふわのムートンを敷いて(今考えたら恥ずかしすぎる。。)

見るからに若い子が乗ってる風のその私の愛車は

左前輪が見事にパンクしてぺちゃんこになっていました。

 

もりゆか
もりゆか
 うわーーーーー最悪ーーーーー!!(泣)

 

しかも

車のすぐ隣に置いていた私のバイクのチェーンは傷だらけ(切ろうとしたのか??)

鍵穴は何かでこじ開けようとしたような傷がたくさんついていて

盗もうとしたんだなというのが一目瞭然でした。

 

 

ひとまずバイクは無事だったのだけど

車はパンク修理に出すことにしました。

 

ロフトマン
ロフトマン
一度にやられたな~~~

 

もりゆか
もりゆか
 なかなかショックだったよー。

 

スタンド店員から言われた仰天の事実

『しかし、なんでパンクしたんやろ?』

『釘でも踏んでたんやろか』

 

なんて考えながら

マンションのすぐ横にあったガソリンスタンドに車を持ち込みました。

 

 

「すいません。パンクしちゃったみたいなんで、修理してもらえますか?」

 

「かしこまりました」

 

店員さんはその場にしゃがみ、

タイヤの修理箇所を探していたら、突然訝しげな表情。

 

 

 

「どうですか?直りますか??」

 

 

こちらを向いたかと思ったら

苦笑いしながらさらっと一言。

 

 

 

 

 

 

 

「これ、アイスピックでやられてますね」

 

 

 

 

 

 

 

 

「ん???」

 

 

私はアイスピックが一瞬何かわからず

 

『お弁当のオカズとかに刺すあれやろか??』

なんてトンチンカンな事を考えていたら

 

 

「氷を割るあれですよ」

 

と、店員さんが右手をフリフリしながら氷を割るような仕草をしたので

 

 

 

あれか!!!

 

 

 

と気づきました。笑

 

ロフトマン
ロフトマン
弁当箱のピックがどうやってタイヤパンクさすねん!!笑 しかし。アイスピック持ち出すなんて明らかにパンクさせる気満々やん

 

もりゆか
もりゆか
まだ二十歳の私にアイスピックはなかなかの衝撃だったよ

 

 

結局修理は不可能だったため、

新しくタイヤを買い替えることとなりました。

 

嫌がらせは続く

まだ若かった私にはタイヤ1本の代金も大きな出費でした。

 

『嫌がらせか。。気持ち悪ー。。』

 

ひとまずパンクしたタイヤを新しく変え

やれやれと一息ついた翌日。

 

 

 

駐車場に降りた私は

自分の車を見て違和感を感じました。

 

 

 

 

 

 

あれ?なんか傾いてる?

 

 

 

 

 

なんと

昨日変えたばっかりの新品タイヤと左後輪タイヤ

2本仲良くパンクしていたんです。

 

 

 

もりゆか
もりゆか
ヒッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

タイヤをよく見ると

丸い小さな穴。

 

 

 

 

あ・・・アイスピック!!!??

 

 

 

 

これにはさすがにビビってすぐ友達に電話。

 

この事態を聞いた友人は

友達T
友達T
今日から張り込むよ!!!!捕まえてやる!!!(怒)

 

って言ってくれましたがビビりの私は

『張り込んでて、犯人と出くわしたら・・・』

想像してたら怖くてできませんでした。

 

 

その後、

友人カップルが昼も夜も張り込んでくれましたが、

結局、怪しい奴は現れませんでした。

 

ロフトマン
ロフトマン
アイスピックと盗難未遂の件、警察には言うたんか?

 

もりゆか
もりゆか
うん。しばらくはアパートの周りを見回ってくれてたけど、ま~それだけよね。

 

大家から放たれるショッキングな言葉

アイスピック&盗難未遂事件から数日後、

友人が私の車が置いてある場所の電灯が切れてることに気づき

 

友達T
友達T
もしかしたらここ暗いけんやりやすいんかもしれん。一回大家に相談してみなー

 

と言ってくれたのですぐに大家さんのところに行ってみました。

 

 

もりゆか
もりゆか
すみません、実はこうこうで、こんなことがありまして

 

今まであった事をすべて話し、

車が置いてある場所の電灯をつけかえて欲しいとお願いに行きました。

 

 

すると大家さんは一言。

 

 

60代大家
60代大家
電灯は変えておくけど・・・

 

60代大家
60代大家
あなた若いし、日頃の行いが悪いからそんな事されるんじゃないの?

 

もりゆか
もりゆか
は!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!????

 

 

想定外のショッキングな言葉に

空いた口を閉じることも忘れていました。

 

 

 

嫌がらせもあったし。

大家さんはこんな人だし。

 

私は

引っ越ししよう。

と、早速新しいアパートを探しに行きました。

 

21歳~22歳

そんなこんなで引っ越しも無事に終わり、

また落ち着いた日々が返ってきました。

 

バイクの彼とはその後お別れをし、

その頃には新しい彼が新居に出入りしていました。

 

ロフトマン
ロフトマン
おーーっと、また突然の別れやなーww

 

もりゆか
もりゆか
書けば長くなるからさくっと割愛!!

 

 

新しいタイプの彼

その新しい彼というのは今まで付き合ったことのないタイプ

 

音楽はHIPHOP系を聴き

こだわりの服

オシャレな場所を好むような人でした。

 

 

出会ったのは

 

松山市にある商店街で洋服を販売をする

いわゆる”アパレル系のお姉さん”の仕事をしていた頃。

 

 

バイクの彼と別れたばかりの時に

友人から

「合コンあるんだけど行かない?」

とお誘いを受けたのがきっかけでした。

 

 

もりゆか
もりゆか
ふふふ。これは行くっきゃないでしょーよ

 

 

合コン当日。

 

飲み会の席にきた彼は途中から私の横に陣を取り

終始、私に話しかけてきていました。

 

もりゆか
もりゆか
あーこの人、私の事気に入ってるんだな~ってすぐわかったよ(ニヤリ)

 

ロフトマン
ロフトマン
あ。こいつ今調子にのってやがる

 

連絡先を交換し

翌日には交際を申しこまれ(←はやっ)

『今特に好きな人もいないしいっか』という軽いノリで交際がスタートしました。

 

ロフトマン
ロフトマン
ノリか~~~~~い!!

 

もりゆか
もりゆか
当時の私は恋愛しか楽しみがなかったんだよーー(汗)

 

大阪で知った元カノの存在

彼は、行ったことのないようなオシャレなお店に連れていってくれたり

有名人のライブに連れってってくれたり

ビリヤードを教えてくれたり

なにかと毎日刺激を与えてくれていました。

 

 

そんな中、

彼は元大阪の大学出身という事もあり

2人で大阪に遊びに行く事が決定!

 

 

大阪に着いた私たちは

その日ショッピングをすることに。

 

 

右も左もわからない私はただ彼の言う場所に着いていきました。

 

 

ようやくたどり着いたのが

木目調の床で落ち着いた雰囲気のオシャレな服屋さん。

 

 

もりゆか
もりゆか
へ~~~!!オシャレな雰囲気~~~~♩

 

 

色々手に取りみていると急に彼が

 

NEW彼S君
NEW彼S君
ねーねーこれが似合うんじゃない?

 

と色んな服を私にすすめてきてました。

 

 

なんとなく私にはちょっと似合わないような

そんな系統の服を

 

 

NEW彼S君
NEW彼S君
これは??これとかはどう???

 

 

 

 

熱心にコーディネートしてくれるので

そんなに今の私の服装が嫌なんだろうかと思うほど 笑

 

あまりに熱心な姿に

 

もりゆか
もりゆか
こーゆー系統の服が好きなん??

 

と聞いてみると

 

NEW彼S君
NEW彼S君
ここ、元カノが好きやった店なんよね

 

 

っていう彼。

 

 

もりゆか
もりゆか
・・・ん????!

 

 

元 カ ノ が 好 き や っ た 店 !?

 

 

 

元 カ ノ が 好 き や っ た 店 !?

 

 

 

 

元 カ ノ が 好 き や っ た 店 !?

 

 

ロフトマン
ロフトマン
ぎゃはは!!なかなかやるやんその男!!

 

もりゆか
もりゆか
『いやいやいやいや』って何回心の中で突っ込んだか

 

 

気分が悪くなるものの

 

「わざわざ元カノとの思い出の地に連れてきてんじゃねーよ!!ふざけんなーーーー!!!!」

 

 

 

なんて言えるわけもなく

一気にテンションのさがった私。

 

それ以降何をして過ごしたのか

いまだに全く思い出せないので大阪話はここでおわり。www

 

ロフトマン
ロフトマン
うお!!!終わるんかい!!!

 

もりゆか
もりゆか
おもしろエピソードがありすぎて長くなりそうだから一旦おわり

 

おわりに

第二章まで読んでいただき本当にありがとうございます!!

本当はこれで終わりにするつもりだったのに

書いてたらあれもこれもでてきて長くなりそうなのでございます。w

 

次!!!

次はいよいよ最終章!!

 

ぜひとも最後まで読んでくれると嬉しいです☆

 

もりゆか
もりゆか
次はいよいよ最終章!!頑張って書くね!!!

 

ロフトマン
ロフトマン
読者さんのためにもしゃんしゃんアップしーよー

 

 

 

最終章もお楽しみに!!

 

\ツイッターもフォローしてね/